さて、ほんとうはどちらがトク?

 

 お客様の数年間の海外でのご駐在が決まり、温水洗浄便座を赴任先で購入されるか、日本から格安製品をお持ち込みされるかは、大いに迷われるところだと思います。そこで弊社は一体どちらがおトクなのかの素朴な疑問にお答えすべく、簡単な比較をしてみました。

 

 弊社のBA-1000型は従来のタンク加温式と瞬間式の良い部分を採用した製品であるために、ヒーター容量が大きく(自動車で例えるならより大きなエンジンを積んでいる)、また、メキシコ特有の現象に有効な不安定で弱まった水勢をサポートするエアーポンプやポンプモーターが搭載(関連記事はコチラ)されていたりしまして、日本の電気容量の小さな格安モデルと比べると、仕様面でコストが割高になっていることは否めません。

 

 弊社のBA-1000のコンセプトと致しましては、タンク加温式の製品でありながら「すぐに温まる、すぐに冷めない」といった快適性を追求し、それに節電機能を組み合わせたベーシックなモデルがBA-1000となっております。

 

 また、価格の問題は仕様面だけではなく、日本と比べると関税や消費税も異なり、メキシコ国内での製品販売台数も大きく異なるために、日本と同じレベルの価格設定での販売が難しい点もあります。

 

 しかし、ここでは仕様面や環境面での細かな優劣差は敢えて考慮せずに、同タイプ(タンク加温式)の製品を挙げて、ほんとうはどちらがトクかを大雑把に比較してみたいと思います。

 

 

そうです、イニシャルコストだけを比較するのであれば、格安品をお持ち込みされるほうに分があると思いますが、安心の価値をどのように評価して頂けるかによってお客様のご判断が分かれると思います。

 

 たとえば、メキシコでこんなこともありました。弊社がお客様のバスルームの電気配線工事をしていた時、コンセントを開けてみると屋内配線の繋ぎが正しくなく、それだけではなく、悪いことに3ピンコンセントの丸ピンの部分が屋内アース線に繋がっていなかったのです。これでは万一漏電でもしたときに、ブレーカは作動せずお客様は感電してしまいます(関連記事はコチラ)。

 アース線がニュートラル(コールド)側に繋がっていたので、弊社作業員が配線を繋ぎなおしているところ

 

 驚いたことに、弊社の経験では約3割ものお客様のバスルームでの屋内配線がこのようなずさんな状態であり、弊社の工事担当が配線をし直しているケースが少なくはありません。

 

 何故このようなことが起こりうるのでしょうか?メキシコでは一般家庭の電気配線や水道配管工事をプロメ―ロという職種の職人さんが手掛けており、彼らはプロとしての特殊な資格を持っている訳ではありません。職人さんによってはそれぞれの得意分野があり、大工仕事がメインで、電気配線工事はあまり詳しくはないといった職人さんもいるかと思えば、電気は詳しいが配管溶接の知識をもたない職人さんもいる訳です。

 

 しかし、彼らにとって仕事の選り好みをしていたら仕事にありつけませんので、多少の知識はなくとも「何でも屋さん」でなくてはならないのです。弊社が過去に職人さんを採用したときでも、彼らは異口同音に何でも出来ると言います。この「何でも出来る」に大きな落とし穴があるのだと思います。

 

 メキシコのバスルームは日本と異なり、シャワールームとトイレが一緒のデザインになっているところが大部分です。水気や湿気の多いところに温水洗浄便座を設置する訳ですから、アース線がきちっと結線されていることは大切です。所謂、コンセントにアースピンの差し込み口があるから安全であるという考え方は正しくはありません。

 

 お客様ご自身で日本からお持ち込みされた温水洗浄便座をお取り付けされる場合は、こうした落とし穴もあるということを十分ご認識頂ければと思います。

 

 

ご注意頂くことは電気だけではありません

 

水はどうでしょうか?メキシコに限ってということではないのですが、世界的に見ますと硬水地域の方が多く、硬水の中にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれているで、それらが固着してポンプ、センサー類、バルブ類の故障や、またノズルが詰まって水が出ないなどといった水質に起因される問題が生じることもあります。

これらの問題は定期的にメンテナンスを行うことで、ある程度回避されますが、とりわけ水の硬度が高いエリアではそれでも回避出来ないこともあります。

それでは日本と比べますと、メキシコの水の硬度はどのぐらい硬質なのでしょうか?水の硬度を下記のような計算値で示します。

 

水の硬度[mg/l]=(カルシウム量[mg/l]×2.5)+(マグネシウム量[mg/l]×4.1)

 

日本の水道水は一般的に軟水ですが、地域によって結構硬度が違います。中でも愛知県が最も硬度が低く26で、沖縄県が最も高く84です。そして千葉も81です。

これに対してメキシコシティーの水の硬度はどの程度かといいますと、平均で139と高めですが、エリアによりかなりバラツキがあり、低いところでは49で千葉や沖縄よりも低いのですが、高いところでは561にもなります。また、同じ居住区の中でもかなりバラつきがあります。やはり平均値から判断するだけでも、日本と比べましても水の硬度はかなり高いということになります。水の硬度が高いとある特有の問題が生じます。

実際にございました一例を挙げますと、下記の写真は、日系企業が集まるシラオ地区で実際に生じた水質に起因する故障のケースです。この部品は製品タンク内の水のレベルを検知するセンサーです。先端部に灰色の丸い固着物が見られると思いますが、これは硬水のミネラル分が固着して成長した様子です。

 

 

 

ここまで固着物が大きくなってしまいますと、センサーは機能しなくなり、安全デバイスが働きノズルが出てきません。

 

実際に、お客様が日本や米国で購入された温水洗浄便座の修理依頼が、弊社に結構ございますが、製品ごとに使われている部品も異なりますし、修理後に保証することも出来ませんのでお断りいたしております。

 

日本からお持ち込まれた製品の保証は適用されません、修理も出来ませんでは、とてももったいないと思われませんか?こうした事態を回避するためにも、温水洗浄便座は弊社よりお買いお求め頂きますようお願いいたします。

 

 

 

 さて、あなたなら、この金額差をどのように考えますか?

 

観光客や駐在員がメキシコに来て驚くのは不衛生なトイレです。便座が付いてなかったり、使用済みのトイレットペーパーが便器横の屑入れに捨てられ、悪臭源となっている光景を目の当たりにします。弊社Ballenamは衛生観念の優れた日本で育まれた温水洗浄便座が、この国の劣悪なトイレ環境改善の救世主に成りうると信じています。この国のトイレの文化革命を、弊社Ballenamとともに実現させませんか。

メキシコのトイレが汚い理由

メキシコでは、韓国と同様に、使用済みのトイレットペーパーを備え付けの屑入れに捨てる習慣が根強くあります。皆さんも便器の横の備え付けの蓋のない屑入れに積まれた使用済みのトイレットペーパーを目の当たりにされて、不愉快な思いを経験された方々は多いと思います。メキシコ人に 「何故、そのゴミ入れが必要なの?」 と尋ねると、異口同音に返ってくる答えが、トイレットペーパーが水に十分溶け(解され)なかったり、配管システムが脆弱で紙の詰まりを起こす可能性があるため、紙を流せないと言うのです。

本当にメキシコのトイレは流れないのか、調べてみた

ほんとうにメキシコ人の回答が正しいのでしょうか?私どもはここぞとばかりに、メキシコ水道局の専門家に聞いてみることにしました。彼らは技術的にトイレで紙が詰まることはないと自信を持って言いました。ビルなどの一部の配管経路では構造上水圧の低いところもありますが、それでも配管は詰まらないとのことで、だからこそ温水洗浄便座がメキシコ人には不要と言わんばかりの勢いでした。

弊社、単独の調査では、メキシコに流通している主要メーカー各社のトイレットペーパーの紙質はかなり改善されており、一部のメーカーの製品のみ水溶性能が悪い商品があり(意図的に価格を下げるためにラインナップさせているようです)、ほとんどのメーカーの商品は高い水溶性能を有しているとの結果でした。

しかし、配管システムの脆弱性(主に配管サイズや水圧)については大きな疑問が残ります。実際に、ほんとうに水圧の低い家庭もあるのです。しかし、それはポンプの有無にも影響されます。私の多くの知人宅では十分な水圧が確保されています。また、パブリックではなく、家庭では紙をトイレに流しているという人も増えてきている様に感じます。

前述のメキシコ水道局のディレクターの専用トイレを拝見しましたら、なんと屑入れがあり、使用済みの紙が、これでもかと言わんばかりに積み上がっていました。ディレクターさんのトイレでこれですか? それは正に不衛生極まりない光景ですが、ここで、しっかりと彼に聞いてみました。「トイレのつまりが無いのに、何故、屑入れに使用済みの紙を捨てるのか?」また、「便器横に屑入れの設置が法令で義務付けられているのか」との問いに対し、彼は「特にゴミ入れの設置が義務付けられている訳でもなく、それはメキシコ人の古くからの習慣でしかないのです」との回答でした。

私たちの温水洗浄便座のビジネスの障壁は、正にこのメキシコ人の悪しき習慣なのです。メキシコでこの習慣に麻痺してしまい、このスタイルが普通であると信じ切っている人たちがいかに多いことでしょう。トイレの屑入れに使用済みの紙が捨てられ、それらが一般ごみとして回収される。そのゴミ袋はゴミ回収車の作業員に手渡される日常を思い浮かべてください。ゴミ回収車がばい菌をそこら中に振りまきながら走行する姿は、私たちにとって異様としか思えません。

 

もったいないメキシコのトイレ文化

メキシコはすばらしい世界遺産を持ち、世界中の観光客が大勢訪れますが、彼らに不評なこのトイレの屑入れが、どれだけメキシコのイメージダウンとなっていることでしょうか?いかにこのトイレの屑入れを使う習慣が非文明的であるか、をメキシコ国民に理解してもらうことは簡単ではありません。もしかしたら、時間が解決してくれる問題なのかも知れません。

弊社Ballenamが目指すところは、先ずはメキシコのトイレの便器横にある屑入れの撤去です。温水洗浄便座がこの国で普及されれば、紙をたくさん流すこともないので配管の紙づまりの心配もなく、メキシコの苦手とする下水処理の負担も軽くなり、また、環境的にも紙の消費が激減しとても地球にやさしく、しかもトイレの衛生的な環境が実現されるという訳です。

しかし、前述の通りこの国のトイレの文化革命は容易ではありません。

第一に、同じようなトイレの文化を持つ韓国は既に40%程度の温水洗浄便座の世帯普及率があり、韓国と比べるとメキシコの温水洗浄便座の普及率は極めて低く、弊社にとってゼロから市場を開拓して行くに等しいのです。

第二に備品の盗難や破壊といった人々のモラルの問題があります。恐らく、何らかの効果的な盗難対策を施さないと、温水洗浄便座のような製品はあっという間に被害に遭うことでしょう。

第三にトイレ文化の違いが取り上げられますが、これに関し弊社は異なるイデオロギーを持っています。如何なる国民でも清潔な環境を嫌う国民はいないでしょう。基本的に私たちが人間である以上、皆同じボディーパーツを持っているのです。温水でおしりを洗うことを不快だと感じてしまったり、不潔なトイレのほうが良いなんて言う人は居ませんよね?

この国で温水洗浄便座が普及しない最も大きな理由は、ただ単に人々がそれを知らないというだけのことです。

弊社の取り組み

弊社としての取り組みは、先ずはレストラン、ホテル、スポーツジムなどのように公共性のある場所への普及活動を進めております。

また、身体的な理由で温水洗浄便座を必要とされる老人ホームや盲学校などの施設には商品を無償提供して評価を頂いております。しかしながら、一企業が出来る努力は限界があり知れています。

皆さんもご存知の通りBajioエリア中心に邦人の数が急増しており、例えば皆さんがホテルやレストランをご利用される際に、温水洗浄便座の設置をリクエストして頂くだけでも、その数が積もれば大きな力になります。私たちBallenamと共にこの国のトイレの文化革命を実現させませんか?

 

 

 

 

Ballenam BAシリーズ用の水フィルター交換方法、簡単ですよ!

 

弊社は硬水対策として定期的なフィルター交換を強くお勧め致します。ミネラル分の固着物が配管内やノズル内で成長しますと詰まりの原因となり、センサーなどの部品にそれらが固着しますと故障の原因となります。また、長期間フィルターを交換しませんと、フィルター内部にカビが生じ衛生的な問題にもなります。フィルターの交換頻度につきましては目安としまして、半年に一度の交換を推奨いたします。

 

1. 作業の前に水が噴き出さないように水栓を閉めて下さい。

 

2. タンクからの水の逆流を防ぐために、必要に応じてタンクの水を流して空にして下さい。タンクの底に多少水が残っていても大丈夫です。

 

A. 水栓からのジョイントは下記の写真のようになっています。

 


古いほうのフィルターを取り外します

3. 最初に温水洗浄便座側のジョイント(サイド操作パネルの下側にある)を手回し、もしくは工具で取り外してください。注意:フレキシブルホースがねじれて破損しないように、必ず温水洗浄便座側から取り外して下さい。

また、作業中に、ホース内に溜まっている水が外に漏れることがありますので、予め雑巾や小さなバケツを用意してください。

 

4. Tバルブにジョイントしている方のフィルターを手回しで外します。


5.フィルターのフレキシブルホース側のジョイント部を外します。固い場合は工具を使用してください。

 

新しいフィルターを取り付けます

6. フィルターのジョイント部の口径が大きいほうをTバルブ(水栓)側に取り付けます。付属パッキン(黒)にセロテープが付いている場合があります。その場合はセロテープを剥がしてセットしてください。

 

 7. Tバルブ側のジョイント部は手回しでしっかりと締め付けて下さい。

 

8. フレキシブルホース側のジョイント部を繋げてください。フィルターのプラスチックネジ部を壊さない程度に手加減しながらスパナ等の工具で増し締めして下さい。

 

9.最後に温水洗浄便座側のジョイントを手回しでしっかりと締めつけてください。工具を使う場合はプラスチック製ジョイントの破損を防ぐために手加減して締め付けてください。

 

 10. 一通りの繋ぎ作業が終わりましたら、上記の写真Aのような繋ぎ方であることをご確認し、水栓を開けて下さい。製品をご使用されてみて、各ジョイント部から水漏れが無ければ作業完了です。

 

 

 

ついでにストレーナーもクリーニングしましょう

 

ストレーナーは温水洗浄便座本体から外に出ているエルボー管の中に収納されています。水フィルターでろ過出来なかったゴミや硬水による硝石物をろ過する最後の砦となります。このストレーナーが詰まってしまいますと、製品タンクに水が溜まるまでの時間が長くなり、ノズルからの水の出が悪くなります。水勢を強くしても弱いと感じるようでしたら、このストレーナーの詰まりを疑ってみてください。

 

クリーニング作業はとても簡単です。BA-1000もしくはBA-2000の場合ですと、コントロールパネルの下にこのエルボー管があります。白い樹脂製のナットでエルボー配管と繋がっていますので、このナットを手回しで左方向に回し取り外します。

エルボー管の中にストレーナーが収納(下の写真参照)されていますのでストレーナーのつまみ部を指でつまみ、それを引き抜いてください。力を入れなくてもストレーナーは簡単に引き抜けます。

 

 

 

 

汚れたストレーナーは水を流しながらブラシなどでこすり落とします。ストレーナーは指先位の大きさですので、洗面台で作業をされる時はうっかり流し込まないよう注意しましょう。ストレーナーをエルボー管の元の位置に戻しましたら作業は終了です。

 

 

 

重要:停電や断水など予期せぬ状況で遮断された後などに生じる現象として、着座しても一切のボタン操作を受け付けないケースが報告されています。その場合は、一旦、電源プラグを抜いて、しばらくしてから再度プラグを差し込んでください。製品はリセット状態になり通常復帰します。

 

 

修理・お取り扱い・お手入れについてご不明な点は

 

Ballenam, S.A. de C.V.のお客様窓口へご相談ください。

TEL 55 67 30 54 21

(日本語相談窓口) E-mail:  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

(故障品送付先)  Ballenam,S.A. de C.V.  Av.Aztecas, No.270 Local 55, Col. La Candelaria, Deleg. Coyoacan, C.P.04380 México.D.F. 

 

 

XXXX XX, 2019

温水洗浄便座設置許可のお願い

  

 弊社は温水洗浄便座の販売会社でBallenam, S.A. de C.V.と申します。

 

 あなた様の賃借人様が、ご住居のトイレに弊社製温水洗浄便座を設置されることをご希望されています。

 

 温水洗浄便座の設置はとても簡単で御座いまして、既設の便座を取り外して、その代わりに製品を乗せ換えします。しかし、温水洗浄便座は電気製品ですので、必要であれば製品の近くに専用コンセントを設ける必要があります。また、水の供給が必要となります。水の供給は壁にある既設の水栓にフレキシブルホースを繋げます。このような簡単な工事のため、壁や床を傷つけるようなことは全く御座いません。

 

 どうかお客様の温水洗浄便座の設置に関し、ご了承頂きたたくお願い申し上げます。

 

 因みに、弊社の製品は以下のようなものです、

   

温水洗浄便座は温水でおしりを洗浄し清潔に保つ家電製品です。乾燥機能の備わっている製品の場合は濡れたおしりを紙で拭く必要がありません。

 

温水洗浄便座の設置は簡単で、設置の際にバスルームを傷つけることはありません


既存の水栓に分岐弁を取り付けます       配線にネジや釘を使いません

 

重要なポイント

  1. 壁に専用コンセントの設置が必要な場合でも、ネジや釘を使用せずに固定。

  2. ご住居者が退去される時も、壁や床を傷つけないばかりではなく、便器、便座、カバー含め備品はそのままの状態で戻ります。

 

 かつて、汚い暗いイメージのあった日本のトイレは温水洗浄便座の普及とともに、大きく改善されました。今日では日本のトイレが世界中で認められるほどの清潔さのシンボルとなっています。

 

 日本の内閣府が2016年の3月に行った耐久消費財に関する世論調査の結果、81.2%もの一般世帯が温水洗浄便座を保有していることが判明しました。更に、一般家庭だけでなく、商業施設や空港、ホールのような公共施設でもそれが普及していることも分かりました。

 

 ここまで御覧頂ければ、温水洗浄便座が日本で広く普及していること、日本人の生活に不可欠なものであるのかをご理解頂けると思います。日常的に温水洗浄便座を使う生活に慣れてしまうとトイレットペーパーでおしりを拭くことが困難になります。どうかご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

本件に関しましてご不明な点がございましたら、弊社までお問合せ願います。

 

 

                       Mónica Muramatsu

                                              Ballenam, S.A. de C.V.

                                              TEL: 01-55-6730-5421

                                              E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。